『🇩🇪《世界まとめ32》ドイツでお金6000円失う!?🇩🇪』

f:id:Desafian0215:20181121085500j:image

 

 

 

 

 


皆さん、こんにちは!

 


世界中の孤児院に夢を届けるエンターテイナー、デサフィアンです!

 

 

 

これまで世界68カ国200地域以上(2018/11)を渡航し、20カ国以上の学校や孤児院、ストリートでダンスを教えてきました。

 


累計1万人は超えています。

 


有名人との共演話もあるので、旅・子ども・エンターテイメントという視点から記事を書いて行きたいと思います!

 

 

 

子どもたちから学んだことについてもたくさん書いているので、是非読んでみてください

。

 

 

 

 


今回は、『ドイツ観光&事件』について紹介していきたいと思います!

 

 

 

ドイツは結構馴染みのある国ですよねー!

 

 

ということで、まずは基本情報から!

 

 

《基本情報》

公用語:ドイツ語

首都:ベルリン

人口:8280万人

通貨:ユーロ

 

ドイツは、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。

 

かつて「西ドイツ」と呼ばれていた時代は「西欧」に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として分類されるようになっている。

 

 

ドイツは昔分断されていて、別々の国だったんですよね。

 

 

1961年から1989年まで西ベルリンの周囲を取り囲む形で東ドイツが建て東西を分断していた壁であるベルリンの壁が、まさにその象徴でありました。

 

 

f:id:Desafian0215:20181121090335j:image
f:id:Desafian0215:20181121090346j:image
f:id:Desafian0215:20181121090339j:image

 

 

今はアートの壁紙のようになっていますが、当時は韓国と北朝鮮(今は違いますが)のように、

 

とても厚くて、絶対に向こうの人とは出会えないようなものだったと思います。

 

 

そして、ドイツにはたくさんの観光地があります。

 

 

ベルリン大聖堂

 

ベルリン観光のハイライトとも言われており、ベルリン大聖堂の大きさは特に壮大で、圧巻です!

f:id:Desafian0215:20181121090631j:image

 

 

 

教会以外にも、

 

ブランデンブルク門

といった、ベルリンとドイツの再統一のシンボルや、

 

f:id:Desafian0215:20181121090800j:image

 

 

連邦議会議事堂

 

ドイツの国会のようなもので、高さも広さも圧倒されるくらい大きいです。

 

f:id:Desafian0215:20181121090828j:image

 

 

 

《6000円失う事件》

 

僕はドイツを自転車でまわっていたんですね。

 

自転車でまわるということは、当たり前ですが、自転車をレンタルできる会社があり、そこで契約をするわけです。

 

レンタル料8ユーロ(1000円程)➕デポジット50ユーロ(6000円)を、店員に渡し、自転車を借りました。

 

 

f:id:Desafian0215:20181121091450j:image

 

 

そして一日観光を楽しみ、自転車を返して、デポジットを請求したところ、

 

 

『傷があるからダメだ。』と、なぜかイチャモンをつけられて、

 

 

『いやいやいや。それはない。』と言い返すと、

 

 

『デポジットは返せない。』といわれ、

 

そんな議論が20分ほど続きました。

 

 

僕からするとかなり理不尽なことだし、負けたくなかったのですが、

空港にも行かなければいけなかったので、時間的にも厳しかったので、降りることにしたんです。

 

 

もう本当に腹が立ちましたね。

 

 

たまにこんなことも海外ではあるので、皆さんも油断しないで、観光を楽しんでくださいね!!

 

 

ドイツ自体はかなり面白い国なので、本当にオススメです!!

 

 

 

 

 

他にもたくさん記事が書いてあるので、そちらも是非参照してみてくださいね!!

 

 

 

この記事気に入って頂けたら、登録も是非よろしくお願い致します!!

 


(これからも有力な情報を届けていきますよ!)

 

 

 

また僕の活動を応援して頂ける個人スポンサーを募集しています!

 

月々1000円からサポート頂けるので、僕の活動に興味を持って頂けた方、応援したいと思って頂けた方、何卒よろしくお願い致します!!

 

↓詳細はこちらから↓

https://sessiion.com/desafian

 

 

 

 


他にも、

僕と相棒が創設した"旅するエンターテイメント集団" NPO LES WORLDのブログはこちら↓↓↓  

 


https://lesworld.org/?p=474

 


この団体では、世界中の孤児院にミュージカルを届けています!!

 

 

 

随時一緒に海外ツアーに行くキャストを募っているので、興味がある方はSNSから連絡くださいね^ ^

 

 

 

 

SNSも是非覗いてみてください!気軽にメッセージもどうぞ!!

 

 

 

【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCaS9dd8BKXvgimt6pa8egTw

 


【Instagram】

https://www.instagram.com/kousuke0215/?hl=ja

 


(動画専用アカウント)

https://www.instagram.com/desafianofficial/?hl=ja

 

 

 

【Twitter】

https://mobile.twitter.com/lesworldon

 


【Facebook】

https://m.facebook.com/space0MJkT?ref=bookmarks

 

 

 

【Official site】

http://desafian.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『🇵🇱《世界まとめ31》ナチスの大量虐殺が行われたアウシュビッツ収容所へ🇵🇱』

 

 

f:id:Desafian0215:20181119134951j:image

 


皆さん、こんにちは!

 


世界中の孤児院に夢を届けるエンターテイナー、デサフィアンです!

 

 

 

これまで世界68カ国200地域以上(2018/11)を渡航し、20カ国以上の学校や孤児院、ストリートでダンスを教えてきました。

 


累計1万人は超えています。

 


有名人との共演話もあるので、旅・子ども・エンターテイメントという視点から記事を書いて行きたいと思います!

 

 

 

子どもたちから学んだことについてもたくさん書いているので、是非読んでみてください

。

 

 

 


今回は、『アウシュビッツ収容所へ行った話』について紹介していきたいと思います!

 

 

 

まずはポーランドの基本情報から!!

 

 

《基本情報》

公用語:ポーランド語

首都:ワルシャワ

人口:3800万人

通貨:ズウォティ

 

・1918年ロシアから独立。

・第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。

 

 

 

アウシュビッツ収容所はポーランドのクラクフにあるのですが、

 

クラクフの歴史地区は世界遺産に登録されているなど、美しい街なんです。

 

 

f:id:Desafian0215:20181120094322j:image
f:id:Desafian0215:20181120094319j:image
f:id:Desafian0215:20181120094314j:image
f:id:Desafian0215:20181120094306j:image
f:id:Desafian0215:20181120094259j:image
f:id:Desafian0215:20181120094310j:image
f:id:Desafian0215:20181120094302j:image

 

 

こんな感じで、美しい建物や壮大な広場、アートで溢れ、暮らしやすい場所でした。

 

 

一方で、アウシュビッツは全く違う場所でした。

 

 

これからはアウシュビッツで感じたことについて書いていきたいと思います。

 

 

まずアウシュビッツはクラクフの中心地からバスで約1時間の場所にあります。

 

 

入り口からもう重い空気を感じます。

f:id:Desafian0215:20181120094604j:image
f:id:Desafian0215:20181120094608j:image

 

この門には、

 

『労働は自由を作る』と書いてあります。

 

しかし、本当に自由になれたのは数百万人のうちのほんの数百人だったと言われています。

 

 

ここで、ユダヤ人大量虐殺が行われたのです。

 

 

《そもそもなぜ虐殺が!?》

 

そもそもこの虐殺を始めた、ドイツの元首相ヒトラーは、ヨーロッパで特に勢力があり、異教徒(キリスト教意外の宗教のもの)であるユダヤ人を嫌っていました。

 

それはヒトラーのみならず、ヨーロッパの国民が嫌っていたんです。

 

そこで彼は、

ユダヤ人を排除する政策を次々と打ちました。

 

その狙いの一つは、明確な敵を作ることによって、ドイツ国民を一つにすることです。

 

そしてヒトラーは「優性民族」のアーリア人こそがドイツを支配すべきで、「劣等民族」とされたユダヤ人を迫害、国外に追放すべきだと考えたのです。

 

 

それがきっかけでドイツ人が一体となり、国民全体でユダヤ人迫害を推しました。

 

 

そこで始まったのがこの大虐殺です。

 

 

 

 

《どんな人たちが連れて来られたの?》

 

収容されたのは、ユダヤ人、政治犯、ロマ・シンティ(ジプシー)、精神障害者、身体障害者、同性愛者、捕虜、聖職者、エホバの証人、さらにはこれらを匿った者などで、その出身国は28に及び、14万人が連れて来られたそう。

 

f:id:Desafian0215:20181120095942j:image
f:id:Desafian0215:20181120095946j:image
f:id:Desafian0215:20181120095939j:image

 

 

子どもや女性なども連れて来られて、労働にならないものは、

 

『シャワーを浴びてこい』と言われ、そのままガス室で殺されたそう。

 

f:id:Desafian0215:20181120100259j:image
f:id:Desafian0215:20181120100256j:image

 

 

ここに毒ガスがぶち込まれ、多くの方が亡くなった。

 

 

 

《ここで何をしていたの??》

 

ここでは、人体実験や過酷な労働が強いられた。

 

そして、彼らはまず選別され、囚人服には「政治犯」「一般犯罪者」「移民」「同性愛者」、さらには「ユダヤ」などを区別するマークがつけられている

 

下層にあればあるほど食料配給量や宿舎の設備、労働時間などあらゆる面で過酷状況に置かれ、死亡率も高くなったという。

 

 

f:id:Desafian0215:20181120100510j:image
f:id:Desafian0215:20181120100507j:image
f:id:Desafian0215:20181120100503j:image

 

 

具体的にどんなことをしていたのか。

 

労働は主に4つのタイプに分けることができて、

 

一つ目は被収容者の肉体的消耗を目的とした労働。たとえば、石切り場での作業や道路の舗装工事などを行う「懲罰部隊」がこれに該当する。

 

二つ目は、戦争遂行に欠かせない資材・兵器などの生産や、収容施設の維持・管理などを目的とした労働。工場労働者や各施設の拡張・管理作業などがこれに該当し、何らかの技能や知識(電気工事師、医師、化学者、建築士など)を持つ被収容者が作業にあたった。

 

 

三つ目は、所内で死亡した被収容者の処分を目的とした労働。ガス室や病気、栄養失調などで死亡したおびただしい数の遺体を、焼却炉などに運び処分する「ゾンダーコマンド(特別労務班員)」がこれに該当する。

 

 

最後は、ほかの被収容者たちを監視する「カポ(労働監視員、収容所監視員などと訳される)」である。主に第一収容所のドイツ人犯罪者から選ばれることが多かったとされ、被収容者ヒエラルキーの頂点に立った。

 

 

《どんな場所だったの?》

 

 

ここでは毎日が『死』と直面する場所だったという。

 

過労死、人体実験で亡くなったもの、病気や飢餓。

 

ありとあらゆる原因で亡くなったものが、毎日数千人いたという。

 

f:id:Desafian0215:20181120101134j:image
f:id:Desafian0215:20181120101138j:image
f:id:Desafian0215:20181120101144j:image
f:id:Desafian0215:20181120101131j:image

 

 

写真では伝わらないが、かなり劣悪な環境であったし、

 

彼らの服や遺品も粗末に扱われ、大量の爪や髪の毛なども保存されていたが、その数は尋常ではなかった。

 

 

本当に多くの人が無残に殺され、名前も数字に変わっていたため身元も分からず、残酷な結末に終わってしまった。

 

 

アウシュビッツに行くと、凄く怖い気持ちになるが、これは今でもなお世界のどこかで行われていることであり、僕たちはそれを容認している。

 

パレスチナでもシリアでも、僕たちはそれを知っていながら、何もしていない。

 

 

『歴史は繰り返されている 』

 

 

そんなことを感じた場所でした。

 

 

 

 

他にもたくさん記事が書いてあるので、そちらも是非参照してみてくださいね!!

 

 

 

この記事気に入って頂けたら、登録も是非よろしくお願い致します!!

 


(これからも有力な情報を届けていきますよ!)

 

 

 

また僕の活動を応援して頂ける個人スポンサーを募集しています!

 

月々1000円からサポート頂けるので、僕の活動に興味を持って頂けた方、応援したいと思って頂けた方、何卒よろしくお願い致します!!

 

↓詳細はこちらから↓

https://sessiion.com/desafian

 

 

 

 


他にも、

僕と相棒が創設した"旅するエンターテイメント集団" NPO LES WORLDのブログはこちら↓↓↓  

 


https://lesworld.org/?p=474

 


この団体では、世界中の孤児院にミュージカルを届けています!!

 

 

 

随時一緒に海外ツアーに行くキャストを募っているので、興味がある方はSNSから連絡くださいね^ ^

 

 

 

 

SNSも是非覗いてみてください!気軽にメッセージもどうぞ!!

 

 

 

【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCaS9dd8BKXvgimt6pa8egTw

 


【Instagram】

https://www.instagram.com/kousuke0215/?hl=ja

 


(動画専用アカウント)

https://www.instagram.com/desafianofficial/?hl=ja

 

 

 

【Twitter】

https://mobile.twitter.com/lesworldon

 


【Facebook】

https://m.facebook.com/space0MJkT?ref=bookmarks

 

 

 

【Official site】

http://desafian.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【著名人対談③】『🌍世界一の双子ダンサーLES TWINSとダンスバトル!?🌍』

 

f:id:Desafian0215:20181119120653j:image

 

 


皆さん、こんにちは!

 


世界中の孤児院に夢を届けるエンターテイナー、デサフィアンです!

 

 

 

これまで世界68カ国200地域以上(2018/11)を渡航し、20カ国以上の学校や孤児院、ストリートでダンスを教えてきました。

 


累計1万人は超えています。

 


有名人との共演話もあるので、旅・子ども・エンターテイメントという視点から記事を書いて行きたいと思います!

 

 

 

子どもたちから学んだことについてもたくさん書いているので、是非読んでみてください

。

 

 

 

 


今回は、『世界一の双子ダンサーLES TWINSとダンスバトルした経験』について紹介していきたいと思います!

 

 

 

さて、皆さんは憧れの人はいますか??

 

 

僕はたくさんいるのですが、そのうちの2人がこのLES TWINSです。

 

 

彼らの経歴を少し紹介しますね。

 

《LES TWINS》

・Les Twins(レ・ツインズ)はフランス人ダンサーLarry Bourgeois(ラリー・ブルジョア)とLaurent Bourgeois(ロラン・ブルジョア)の兄弟二人組。

 

・1988年生まれの29歳で、身長は193cm.

 

・2008年にフランステレビ局M6の人気番組「Incroyable Talent 2008」にて準優勝。

 

・2011年度JUSTE DEBOUT HIP HOP部門で優勝し、世界一のダンサーに。

 

・シルクドゥソレイユにダンサーとして抜擢され、マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー(2011年)に参加。

 

・ビヨンセにその実力を認められ、彼女のPVに出演し、ワールドツアーにも参加!

 

・マイケルジョーダンやレッドブルなども彼らのスポンサーになり、現在世界中でパフォーマンスやワークショップを行っている。

 

・WORLD OF DANCEというダンスの世界大会で優勝し、1億円を獲得。

 

 

↓YouTube動画はこちら↓(合計再生回数は数億回)

 

1. WORLD OF DANCE show case

https://youtu.be/3GNG12g2bKw 

 

2.一躍有名になった動画(2010年)

https://youtu.be/_XLGYxeL1iQ

 

3.世界大会で優勝した動画(2011年)

https://youtu.be/9jodegXZNqQ

 

4.RED BULLの世界大会

https://youtu.be/GHxZlueE-aY

 

5.ビヨンセとのコラボ動画

https://youtu.be/6OkBFY2yWN8

 

 

 

 

 

 

2012年。僕がちょうどダンスを始めた頃、

あるテレビ番組で衝撃を受けることになります。

 

 

それがこの番組。

 

【スタードラフト会議】

 

↓その動画がこちら↓

https://youtu.be/q6cVOiCuwB0

 

 

先日DA PUMPのKENZOさんと対談した記事も書きましたが、彼もこのスタードラフト会議で知ったんです。

 

(KENZOさんは審査員でした。)

 

 

僕は2012年から彼らに憧れ、独学でダンスを習いながらも、彼らのダンスをほとんど見て学んできました。

 

 

なので、『いつか会いたい』という思いが強くなっていったんです。

 

 

しかし、2013年。

 

彼らが日本にワークショップしに来たものの、チケットが当選しなかったり、情報入手不足で、尽くチケットは落選。。

 

 

彼らと日本で会うことは叶いませんでした。

 

 

ならば!!!!

 

『僕が会いに行こう』

 

 

待ってても会えない。それなら会うしかない。

 

そう思ったわけです。

 

 

そして、2015年。

 

ついにチャンスが舞い降りました。

 

 

2015年8月にポーランドの世界ダンスキャンプ、通称Fair Play Dance Campに参加することにしました。

 

 

日本からはるばるポーランドのクラクフまで向かったんです!!

 

 

 

そしてついに!!

憧れのダンサーLES TWINSが目の前にー!!

 

かっこよすぎました…

f:id:Desafian0215:20181119120814j:image

 

憧れのダンサーを目の前に、ただただ眺める僕
f:id:Desafian0215:20181119120818j:image

 

ワークショップでは全力で前で踊りました!
f:id:Desafian0215:20181119120811j:image

 

 

記念撮影でも真横に!!
f:id:Desafian0215:20181119120822j:image

 

 

もう天国のような時間でした。

 

彼らと踊ることができて、本当に幸せでした。

 

 

彼らに僕の愛を伝えるために、ワークショップでは

彼らの顔が載ってる服を着て、その上に僕が尊敬するマイケルジャクソンのジャケットを着て、全力で踊りました。

 

 

 

そしたら、運営の人が僕に近寄ってきてこう言いました。

 

 

『次アフターパーティーがあるから、彼らとバトルしなよ!』

 

 

唖然としました。

 

 

『いいんですか!?!?』

 

 

『うん、伝えておくよ!』

 

 

もう死んでもいいと思いました。笑

 

 

本当に奇跡だと思いました。

 

 

そしてアフターパーティーが始まり、彼らが来ました。

 

 

そして早速!!!

 

お兄さんのLaurentが僕に近寄り、

 

『一緒に踊ろう』と言ってきてくれました。

 

↓その時撮った写真がこちら↓

f:id:Desafian0215:20181119121309j:image

 

 

そしてバトルが始まります。

 

 

世界中のダンサーたちが見守る中、DJが音楽を流し、まずは僕から!!

 

それをお兄さんは真剣に見てくれていました。

 

 

そしてLaurentが近寄り、僕にハイタッチをしてから、彼が踊り始めました。

 

 

もう彼のダンスは圧倒され、スキルはもちろん、お客さんを巻き込む力が相当すごかったです…

 

彼とのダンスは2セットし、終了しました。

 

 

本当に夢のような時間でした。

 

 

彼とハグをして、握手をして、彼は立ち去りました。

 

そして、その1時間後。

 

 

弟のラリーが登場!!!

 

f:id:Desafian0215:20181119123315j:image

f:id:Desafian0215:20181119121649j:image

 

 

弟も握手をし、ダンスバトルを設けてくれました!!

 

 

しかも流れた曲はマイケルジャクソンのblack or white!!

 

運命を感じました。

 

 

そこで全力で踊ると、ラリーは拍手をしてくれました。

 

そしてラリーもMJダンスを披露!!!

 

会場は大盛り上がり!!

 

お兄さんのロランも参戦してくれて、3人でマイケルダンスを踊りました😭

 

 

本当に幸せすぎて、死にそうでした。

 

 

そしてダンスが終わった後、彼らが僕のところに来てくれて、こう言ってくれました。

 

 

『ダンスは音がベースだ。音をしっかり聞いて、リズムに身を任せるんだ。しっかり音を聞くことが重要なんだよ。頑張ってね。』

 

 

そうアドバイスをくださいました…

 

 

本当に嬉しかったです。僕のダンスを真剣に見てくれていたんだなと思うととても嬉しかったです。

 

 

そして、3人で踊った記念ということで、写真を撮ってくれました!!

 

f:id:Desafian0215:20181119120653j:image

 

 

それがこの写真です。

 

そして彼らと最後ハグをしてお別れをしました。

 

 

本当にポーランドまで行って良かったです。。

 

 

そして、その2年後。

 

 

2017年9月。

僕はアメリカのロサンゼルスにダンス留学のため、長期滞在をしていました。

 

 

そこに彼らがワークショップをしにやって来たんです!!

 

 

2年ぶりの再会でした!!

 

もちろん彼らのワークショップを受け、彼らの真後ろで踊りました!!!

 

 

そして彼らとたくさん話しました。

 

 

・ポーランドまで行った話や日本でNPO LES WORLDを作った話。

 

ちなみにこのLES WORLDのLESはLES TWINSから取ったんです^ ^

 

そんな話をすると、彼らは凄く喜んでくれて、

 

『本当に!?!?凄く嬉しいよ。。』

 

と言ってくれました。。

 

本当に彼らとまた会えて良かったです。

f:id:Desafian0215:20181119123253j:image
f:id:Desafian0215:20181119123301j:image
f:id:Desafian0215:20181119123257j:image

 

 

そして記念撮影をし、お別れをしました。

 

 

 

最初は全然会えず、『もう一生会えないかも』と思っていましたが、

 

行動をし続け、ポーランドとアメリカで会うことができ、ダンスバトルまですることができたのは一生の思い出です。

 

 

まだまだ彼らには敵いませんが、僕もエンターテイナーとして突き進んでいきます!! 

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!!

 

 

 

 

他にもたくさん記事が書いてあるので、そちらも是非参照してみてくださいね!!

 

 

 

この記事気に入って頂けたら、登録も是非よろしくお願い致します!!

 


(これからも有力な情報を届けていきますよ!)

 

 

 

また僕の活動を応援して頂ける個人スポンサーを募集しています!

 

月々1000円からサポート頂けるので、僕の活動に興味を持って頂けた方、応援したいと思って頂けた方、何卒よろしくお願い致します!!

 

↓詳細はこちらから↓

https://sessiion.com/desafian

 

 

 

 


他にも、

僕と相棒が創設した"旅するエンターテイメント集団" NPO LES WORLDのブログはこちら↓↓↓  

 


https://lesworld.org/?p=474

 


この団体では、世界中の孤児院にミュージカルを届けています!!

 

 

 

随時一緒に海外ツアーに行くキャストを募っているので、興味がある方はSNSから連絡くださいね^ ^

 

 

 

 

 

SNSも是非覗いてみてください!気軽にメッセージもどうぞ!!

 

 

 

【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCaS9dd8BKXvgimt6pa8egTw

 


【Instagram】

https://www.instagram.com/kousuke0215/?hl=ja

 


(動画専用アカウント)

https://www.instagram.com/desafianofficial/?hl=ja

 

 

 

【Twitter】

https://mobile.twitter.com/lesworldon

 


【Facebook】

https://m.facebook.com/space0MJkT?ref=bookmarks

 

 

 

【Official site】

http://desafian.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『🇦🇹《世界まとめ30》500円で本場オーケストラを堪能!?🇦🇹』

 

 

f:id:Desafian0215:20181119100946j:image

 


皆さん、こんにちは!

 


世界中の孤児院に夢を届けるエンターテイナー、デサフィアンです!

 

 

 

これまで世界68カ国200地域以上(2018/11)を渡航し、20カ国以上の学校や孤児院、ストリートでダンスを教えてきました。

 


累計1万人は超えています。

 


有名人との共演話もあるので、旅・子ども・エンターテイメントという視点から記事を書いて行きたいと思います!

 

 

 

子どもたちから学んだことについてもたくさん書いているので、是非読んでみてください

。

 

 

 

 


今回は、『オーストリアでオーケストラを500円で堪能した話』について紹介していきたいと思います!

 

 

まずは、基本情報から!!

 

 

《基本情報》

公用語:ドイツ語

首都:ウィーン

通貨:ユーロ

人口:870万人

 

オーストリアは、ヨーロッパに存在する連邦共和制国家である。首都は音楽の都といわれたウィーン。

 

 

 

ウィーンは音楽の都と言われているだけあって、オーケストラやオペラが行われている劇場がたくさんあります。

 

 

また美術やアートも有名なので、美術館や博物館なども多数あります。

 

(冬のプロジェクションマッピングは幻想的)

f:id:Desafian0215:20181119103926j:image

 

(建物も大きくて神秘的)
f:id:Desafian0215:20181119103956j:image
f:id:Desafian0215:20181119103946j:image

 

(教会中も美しい…)
f:id:Desafian0215:20181119104000j:image

 

(オーストリアの王宮)
f:id:Desafian0215:20181119103919j:image

 

(クリスマスマーケット)
f:id:Desafian0215:20181119103932j:image
f:id:Desafian0215:20181119103949j:image
f:id:Desafian0215:20181119103938j:image

 

(とにかく建物も銅像も壮大)
f:id:Desafian0215:20181119103912j:image
f:id:Desafian0215:20181119103953j:image
f:id:Desafian0215:20181119104005j:image

 

 

ついでに、関係ないけど美女とのツーショットも、、

 

f:id:Desafian0215:20181119105141j:image

 

 

はい、ということでね、

 

本題に入ります。笑

 

 

 

《500円で本場オーケストラ堪能!?》

 

せっかく音楽の都、オーストリアに行ったからには、オーケストラやオペラを観たいですよね!?

 

 

でも普通に買うと数千円〜数万円して、なかなか簡単にいけるわけではないですよね…

 

 

僕も貧乏バックパッカーなので、全然そんな余裕はないです。

 

 

しかし、、、

 

 

f:id:Desafian0215:20181119105107j:image
f:id:Desafian0215:20181119105111j:image

 

 

行けちゃいました!!!!!!

 

 

そう、実は裏技があるんです。

 

このサイトから予約をすると、

https://www.vienna-concert.com/events/jp/12/ウィーン楽友協会---MUSIKVEREIN.html

 

 

なんと500円〜本場のオーケストラを見れちゃうんですね!!!

 

 

まあ本当に圧巻ですよ!!

 

プロの楽団が最高の会場で一体感のある演奏をするんです…

 

素人でも『やばすぎる!!』ってなります。

 

 

 

しかし、、、

 

 

f:id:Desafian0215:20181119105425j:image

 

 

立ち見です。笑 2時間立ち見はかなり体力が必要なので、気合い入れて行ってくださいね!!

 

 

でも後悔は絶対にしないので、本当に行ってみてください!!!

 

 

 

 

 

 

他にもたくさん記事が書いてあるので、そちらも是非参照してみてくださいね!!

 

 

 

この記事気に入って頂けたら、登録も是非よろしくお願い致します!!

 


(これからも有力な情報を届けていきますよ!)

 

 

 

また僕の活動を応援して頂ける個人スポンサーを募集しています!

 

月々1000円からサポート頂けるので、僕の活動に興味を持って頂けた方、応援したいと思って頂けた方、何卒よろしくお願い致します!!

 

↓詳細はこちらから↓

https://sessiion.com/desafian

 

 

 

 


他にも、

僕と相棒が創設した"旅するエンターテイメント集団" NPO LES WORLDのブログはこちら↓↓↓  

 


https://lesworld.org/?p=474

 


この団体では、世界中の孤児院にミュージカルを届けています!!

 

 

 

随時一緒に海外ツアーに行くキャストを募っているので、興味がある方はSNSから連絡くださいね^ ^

 

 

 

 

 

SNSも是非覗いてみてください!気軽にメッセージもどうぞ!!

 

 

 

【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCaS9dd8BKXvgimt6pa8egTw

 


【Instagram】

https://www.instagram.com/kousuke0215/?hl=ja

 


(動画専用アカウント)

https://www.instagram.com/desafianofficial/?hl=ja

 

 

 

【Twitter】

https://mobile.twitter.com/lesworldon

 


【Facebook】

https://m.facebook.com/space0MJkT?ref=bookmarks

 

 

 

【Official site】

http://desafian.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『🇩🇰《世界まとめ29》デンマークにある自称国家クリスチャニアへ🇩🇰』

 

f:id:Desafian0215:20181118133344j:image

 

 


皆さん、こんにちは!

 


世界中の孤児院に夢を届けるエンターテイナー、デサフィアンです!

 

 

 

これまで世界68カ国200地域以上(2018/11)を渡航し、20カ国以上の学校や孤児院、ストリートでダンスを教えてきました。

 


累計1万人は超えています。

 


有名人との共演話もあるので、旅・子ども・エンターテイメントという視点から記事を書いて行きたいと思います!

 

 

 

子どもたちから学んだことについてもたくさん書いているので、是非読んでみてください

。

 

 

 


今回は、『デンマークにある自称国家』について紹介していきたいと思います!

 

 

 

まずは基本情報から!

 

《基本情報》

公用語:デンマーク語

首都:コペンハーゲン

人口:570万人

通貨:デンマーク クローネ

 

デンマークは、北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。

 

また、自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。

 

 

《デンマークはどんなところ?》

 

デンマークに行ったのは2017年。

 

友人が住んでいたので、遊びに行くことにしました^ ^

 

(お世話になった友人たち)

f:id:Desafian0215:20181118134208j:image

 

 

デンマークはスウェーデンと同様、北欧の中では物価も安いですし、教育も福祉もトップレベルで、全部無料です!!

 

なので、将来に不安を抱えている人たちが極端に少ないです!

 

 

しかもコペンハーゲン自体はかなり狭い上に、観光地も一個の場所に集結してるので、

 

観光もしやすいんです!!

 

 

ニューハウン

色鮮やかの建物があり、目の前には川が流れていたりしていて、インスタ映え間違いなしです!

f:id:Desafian0215:20181118140841j:image

 

人魚姫の像

世界三大がっかりの1つですが、意外と大きく、幻想的でした。
f:id:Desafian0215:20181118140844j:image

 

アマリエンボー宮殿

真ん中の広場を中心に4つの宮殿で構成されています。

衛兵隊の更新もあるので、建物だけでなく、エンタメとしても楽しめる場所です!
f:id:Desafian0215:20181118140900j:image
f:id:Desafian0215:20181118140855j:image

 

コペンハーゲン市庁舎

・コペンハーゲンのシンボル的な場所。

f:id:Desafian0215:20181118141011j:image

 

チボリ公園

アトラクションもあり、自然もあり、子どもも大人も楽しめる場所です。

f:id:Desafian0215:20181118141127j:image

 

 

 

《自称国家クリスチャニアとは?》

 

そして、首都コペンハーゲンには、自称国家が存在しているんです。

 

その名も・・・

 

【クリスチャニア】

 

ここはいわゆるヒッピーコミュニティで、人口は約1000人。

 

デンマーク政府から独立したルールで社会がまわり、強力な自治権とともに独自の国旗や国歌さえも持つ。

 

税金は払っていないため、電気は通ってないと聞いたのですが、

 

税金もしっかり払っているため、政府から支援も受けているという情報もあり、よくわからないのが現状でした。

 

 

ただ、デンマークでは麻薬は禁止されていますが、ここでは麻薬は禁止されていないため、政府から支援を受けているというのは信憑性に欠ける気はしますね。

 

 

なので、写真撮影は極力禁止でした。

 

 

一部許可を取り、撮影に成功したので、雰囲気がわかる写真をいくつか載せますね。

 

f:id:Desafian0215:20181118142458j:image
f:id:Desafian0215:20181118142439j:image
f:id:Desafian0215:20181118142435j:image
f:id:Desafian0215:20181118142453j:image
f:id:Desafian0215:20181118142446j:image
f:id:Desafian0215:20181118142430j:image

 

 

アートの街と言えるほど、すてきなアートに溢れていて、多くの住人も個性的な服を着ていて、面白い場所でした。

 

 

しかも、意外とこのコミュニティにはルールが存在していて、

 

「暴力禁止」
「ハードドラック禁止」
「自動車通行禁止」

「武器禁止」

「盗品禁止」

「犬を鎖で繋ぐの禁止」

 

など、不思議なルールも存在してました。

 

 

いろんなことが感じられる場所なので、是非訪れてみてくださいね!

 

 

 

 

 

他にもたくさん記事が書いてあるので、そちらも是非参照してみてくださいね!!

 

 

 

この記事気に入って頂けたら、登録も是非よろしくお願い致します!!

 


(これからも有力な情報を届けていきますよ!)

 

 

 

また僕の活動を応援して頂ける個人スポンサーを募集しています!

 

月々1000円からサポート頂けるので、僕の活動に興味を持って頂けた方、応援したいと思って頂けた方、何卒よろしくお願い致します!!

 

↓詳細はこちらから↓

https://sessiion.com/desafian

 

 

 

 


他にも、

僕と相棒が創設した"旅するエンターテイメント集団" NPO LES WORLDのブログはこちら↓↓↓  

 


https://lesworld.org/?p=474

 


この団体では、世界中の孤児院にミュージカルを届けています!!

 

 

 

随時一緒に海外ツアーに行くキャストを募っているので、興味がある方はSNSから連絡くださいね^ ^

 

 

 

SNSも是非覗いてみてください!気軽にメッセージもどうぞ!!

 

 

 

【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCaS9dd8BKXvgimt6pa8egTw

 


【Instagram】

https://www.instagram.com/kousuke0215/?hl=ja

 


(動画専用アカウント)

https://www.instagram.com/desafianofficial/?hl=ja

 

 

 

【Twitter】

https://mobile.twitter.com/lesworldon

 


【Facebook】

https://m.facebook.com/space0MJkT?ref=bookmarks

 

 

 

【Official site】

http://desafian.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『🇸🇪《世界まとめ28》旅した中で最も暮らしやすい国、スウェーデン🇸🇪』

 

f:id:Desafian0215:20181117103717j:image

 

 

 


皆さん、こんにちは!

 


世界中の孤児院に夢を届けるエンターテイナー、デサフィアンです!

 

 

 

これまで世界68カ国200地域以上(2018/11)を渡航し、20カ国以上の学校や孤児院、ストリートでダンスを教えてきました。

 


累計1万人は超えています。

 


有名人との共演話もあるので、旅・子ども・エンターテイメントという視点から記事を書いて行きたいと思います!

 

 

 

子どもたちから学んだことについてもたくさん書いているので、是非読んでみてください

。

 

 

 

 


今回は、『スウェーデンの暮らし』について紹介していきたいと思います!

 

 

まずは、いつものように基本情報から伝えていきます!!

 

 

《基本情報》

公用語:スウェーデン語

首都:ストックホルム

人口:950万人

通貨:スウェーデン クローナ

 

スウェーデンは、北ヨーロッパに位置する立憲君主制国家で、西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接している。

 

 

《なぜ暮らしやすいのか》

 

僕はデンマークから電車で1時間の場所にある、マルメという地域にいきました。

 

僕の友人がいたというのと、カウチサーフィンで泊めてくださる方がいたので、行きました。

 

 

f:id:Desafian0215:20181117104214j:image

 

 

友達がいたので、凄く楽しみながら過ごすことができました。

 

 

建物や観光地もユニークなものが多く、

 

かなり大きい教会や、

f:id:Desafian0215:20181117104341j:image

 

赤い教会
f:id:Desafian0215:20181117104337j:image

 

不思議なデザインの建物など
f:id:Desafian0215:20181117104344j:image

 

 

小さな町に魅力的な建造物がたくさんありました。

 

全てがアートのような感じなんです。

 

f:id:Desafian0215:20181117104519j:image

 

 

教会の中も美しく、そこにいるだけで浄化された気分になります。笑

 

f:id:Desafian0215:20181117104558j:image
f:id:Desafian0215:20181117104554j:image

 

 

しかもこの街は人があまり多くないんですね。

 

ですが、人は暖かく、いろんな人と交流することができました。

 

 

 

f:id:Desafian0215:20181117104659j:image
f:id:Desafian0215:20181117104707j:image
f:id:Desafian0215:20181117104703j:image
f:id:Desafian0215:20181117104655j:image

 

この通り、どこ写真とっても人が映りません!

 

 

また海や紅葉、山や川など自然も豊かなので、凄くストレスフリーな環境なんです!!

 

f:id:Desafian0215:20181117104831j:image
f:id:Desafian0215:20181117104822j:image
f:id:Desafian0215:20181117104825j:image

 

 

しかもしかも!!!

 

他の北欧諸国よりも物価が安いほうなんです!!(決して安くはないですが…)

 

このようにスウェーデンは暮らしやすいポイントがたくさんあるんですね!

 

①物価がノルウエーやアイスランドに比べて安い。

②人が少ない。

③自然豊か

④観光も楽しめる。(他の国にアクセスもしやすい)

⑤街が綺麗。

⑥人が暖かい。

 

 

現在スウェーデンはキャッシュレスの国にだったり、福祉や教育の関係でもトップクラスです。

 

 

是非一度機会があれば訪れてみてくださいね!

 

 

 

 

 

他にもたくさん記事が書いてあるので、そちらも是非参照してみてくださいね!!

 

 

 

この記事気に入って頂けたら、登録も是非よろしくお願い致します!!

 


(これからも有力な情報を届けていきますよ!)

 

 

 

また僕の活動を応援して頂ける個人スポンサーを募集しています!

 

月々1000円からサポート頂けるので、僕の活動に興味を持って頂けた方、応援したいと思って頂けた方、何卒よろしくお願い致します!!

 

↓詳細はこちらから↓

https://sessiion.com/desafian

 

 

 

 


他にも、

僕と相棒が創設した"旅するエンターテイメント集団" NPO LES WORLDのブログはこちら↓↓↓  

 


https://lesworld.org/?p=474

 


この団体では、世界中の孤児院にミュージカルを届けています!!

 

 

 

随時一緒に海外ツアーに行くキャストを募っているので、興味がある方はSNSから連絡くださいね^ ^

 

 

 

 

SNSも是非覗いてみてください!気軽にメッセージもどうぞ!!

 

 

 

【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCaS9dd8BKXvgimt6pa8egTw

 


【Instagram】

https://www.instagram.com/kousuke0215/?hl=ja

 


(動画専用アカウント)

https://www.instagram.com/desafianofficial/?hl=ja

 

 

 

【Twitter】

https://mobile.twitter.com/lesworldon

 


【Facebook】

https://m.facebook.com/space0MJkT?ref=bookmarks

 

 

 

【Official site】

http://desafian.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『🇫🇮《世界まとめ27》フィンランドのサンタクロース村まで地獄の道のり&パフォーマンス🇫🇮』

 

 

f:id:Desafian0215:20181115223119j:image

 


皆さん、こんにちは!

 


世界中の孤児院に夢を届けるエンターテイナー、デサフィアンです!

 

 

 

これまで世界68カ国200地域以上(2018/11)を渡航し、20カ国以上の学校や孤児院、ストリートでダンスを教えてきました。

 


累計1万人は超えています。

 


有名人との共演話もあるので、旅・子ども・エンターテイメントという視点から記事を書いて行きたいと思います!

 

 

 

子どもたちから学んだことについてもたくさん書いているので、是非読んでみてください

。

 

 

 


今回は、『フィンランドでサンタクロースの前でパフォーマンスした経験』について紹介していきたいと思います!

 

 

皆さん、フィンランドはご存知ですか??

 

 

《基本情報》

公用語:フィンランド語、スウェーデン語

首都:ヘルシンキ

人口:530万人

通貨:ユーロ

 

フィンランドは、北欧諸国の一つであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。

 

 

↓場所↓

 

f:id:Desafian0215:20181115223443p:image

 

 

フィンランドはサンタクロースだけでなく、ムーミン発祥の地であったり、オーロラがあったりするなど、魅力的なものがたくさんあります!!

 

 

また、首都のヘルシンキにはたくさんの観光地がありまして、

 

ヘルシンキでは最も有名な、ヘルシンキ大聖堂があったり、

f:id:Desafian0215:20181115223621j:image

 

木でできた教会があったり、f:id:Desafian0215:20181115223614j:image

 

岩でできた教会があるなど、ユニークな教会も多いです。
f:id:Desafian0215:20181115223625j:image

 

 

大聖堂から眺める景色も素晴らしい…
f:id:Desafian0215:20181115223628j:image

 

ショッピングストリート、アレクサンダー通りも有名です!

f:id:Desafian0215:20181115223606j:image

 

 

ヘルシンキの街はとても狭いので、半日あればほとんど周ることができます。

 

しかも歩いて行くことができるので、かなりオススメです!

 

 

はい、そしてサンタさんに会えると言われているサンタクロース村がどこにあるのかといいますと、

 

 

ヘルシンキから飛行機で1時間半〜2時間くらいの場所にある、ロヴァニエミという場所です。

 

 

↓場所はこちら↓

 

f:id:Desafian0215:20181115224147j:image

 

 

かなり北のほうにあるので、オーロラが見えたりします。

 

 

その代わり以上に寒いです。ヘルシンキなんかと比べ物にならないくらい寒いです。

 

 

-10度から20度くらいあるので、軽く凍ります。

 

 

僕はカウチサーフィンで、ホストファミリーと待ち合わせしていたので、着いた時には彼らが待ってくれました。

 

 

f:id:Desafian0215:20181115224341j:image

 

 

彼らとダンスパーティーしたり、お酒飲んだり、楽しい時間を初日から過ごしました。

 

 

ここに来た目的はもちろん、

 

子どもの頃から会いたかったサンタクロースに会うため。

 

 

それもホストファミリーに伝え、翌日に行くことを約束して、就寝しました。

 

 

『いいホストに出会えたな〜。』

 

しかし、事件が起きます。

 

 

朝起きると、僕のホストがなかなか目覚めません。

 

約束の朝10時はとっくに過ぎています。

 

 

『おかしい。なぜこんなに寝てられるんだ。話しかけても全然起きない…』

 

 

すると急にそのホストが笑い始めました。

 

 

そう、、、薬中だったのです。

 

 

もうずっと吸引をしていたのでしょう。

 

器具が部屋にばらまかれ、その人の精神状態はまるでおかしかった。

 

 

たまたま僕の知り合いがロヴァニエミにいるということで待ち合わせもしていました。

 

 

 

なので急いで行くために、そのホストから自転車を借りて、

 

-10度の中、11キロ先のサンタクロース村まで自転車で向かいました。

 

 

f:id:Desafian0215:20181115224900j:image

 

 

史上最強にしんどかったです。

 

 

しかもかなり薄着。。。

 

 

《これは死んでも仕方ない。。サンタに会えて死ねるならそれでいい。ただ会ってから死ぬ。》

 

そう心に誓い、走り続けました。

 

少しでも良い景色を眺めながら落ち着こうと思っていても。。

 

 

見てください。

 

 

水も凍ってます。

 

f:id:Desafian0215:20181115225111j:image

 

僕も凍るのかな…そんな恐怖が頭をよぎります。

 

《あ、でももう諦めようかなー》

 

そんなことを考えるくらい辛かったです。

 

もうガチで飛び込みたいくらいしんどかったです。

 

しかし!!

 

なんとか死にそうになりながらも2時間ほどで到着することができました。

 

 

 

知り合いとそこで会うことができ、サンタクロースの家に到着し、彼と一緒にサンタさんに会うことができました!!

 

 

目の前に本物のサンタさんがいて、とても感動しました。

 

しかも地獄の道のりを通ってきたので、尚更感動が強かったです。

 

 

f:id:Desafian0215:20181115225416j:image

 

 

そして彼に夢を伝えました。

 

 

『僕もサンタさんのように子どもたちに夢を届ける人になりたいです。』

 

 

そういうと彼は、

 

『もちろん、君ならできるさ』と言いました。

 

 

そしてもう1つ。

 

 

『サンタさんの前で踊って良いですか?』

 

 

そう聞くと彼は、

 

 

『もちろんだよ。』と言って、僕のダンスを見てくれました。

 

 

↓その時の映像がこちら↓

https://youtu.be/wUaY5LfYx_E

 

 

もう本当に嬉しかったです。

 

そしてお別れを言い、解散しました。

 

 

約10-15分の出来事でした。

 

ビデオが50ユーロで販売されていたので、友人と割り勘して買いました。

 

 

その後初めて会った彼と森に行き、バーベキューをしました。笑

 

 

凄く寒いのに、彼とは意気投合したのもあって、5時間くらいずっと語っていました。

 

f:id:Desafian0215:20181115230111j:image

 

 

 

そしてその日は彼のホステルで寝て、昼に飛行機でヘルシンキのほうに行く予定だったので、

 

自転車で2時間かけてホストの家まで帰りました。

 

 

しかもめちゃめちゃ道に迷って、もうクタクタに…

 

 

でもなんとか家に着くことができ、ホッとしました。

 

 

しかし、、またまた事件が起きます。

 

 

 

ホストもその日僕と同じ便でヘルシンキに行く予定だったので、

 

そのホストと一緒に空港に行くことにしたんです。

 

 

しかし、飛行機出発時刻になっても全然準備が進んでいません。

 

そう、、吸引です。。

 

 

《ふざけんなよ!!!!早くしろよ!!》と心の中でイライラしながらも待ち続けました。

 

 

しかし、一向に進みません。

 

 

これじゃやばいと思い、

 

ホストにお礼と別れを告げて、家を出たところ、

 

そのホストもそれを見て慌てたのか一緒に出てきました。

 

 

《すぐできるならすぐしてよ…》

 

 

しかし、出発まで残り40分。

 

空港までは15分。

 

 

これはもう間に合わないかもしれない。

 

 

そう思いながらも諦めず、タクシーでダッシュ!!

 

 

出発まで残り20分のところで到着。

 

 

しかし、、、

 

 

もうすでにカウンターは閉まってました。

 

 

《もうー!!マジかよ…》

 

 

でも僕は諦めませんでした。

 

なんとかカウンターの人に説得して、乗せてもらうことに成功しました!!!

 

 

でもなぜかそのホストも成功してしまいました。悔しかったです。。笑

 

 

ということで、無事に帰ることができました。

 

 

凄く散々な思いをしましたが、今となってはいい思い出です。

 

 

サンタさんとも会えたし、最高の仲間とも出会えたので、最高の経験になりました。

 

 

 

 

他にもたくさん記事が書いてあるので、そちらも是非参照してみてくださいね!!

 

 

 

この記事気に入って頂けたら、登録も是非よろしくお願い致します!!

 


(これからも有力な情報を届けていきますよ!)

 

 

 

また僕の活動を応援して頂ける個人スポンサーを募集しています!

 

月々1000円からサポート頂けるので、僕の活動に興味を持って頂けた方、応援したいと思って頂けた方、何卒よろしくお願い致します!!

 

↓詳細はこちらから↓

https://sessiion.com/desafian

 

 

 

 


他にも、

僕と相棒が創設した"旅するエンターテイメント集団" NPO LES WORLDのブログはこちら↓↓↓  

 


https://lesworld.org/?p=474

 


この団体では、世界中の孤児院にミュージカルを届けています!!

 

 

 

随時一緒に海外ツアーに行くキャストを募っているので、興味がある方はSNSから連絡くださいね^ ^

 

 

 

 

 

SNSも是非覗いてみてください!気軽にメッセージもどうぞ!!

 

 

 

【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCaS9dd8BKXvgimt6pa8egTw

 


【Instagram】

https://www.instagram.com/kousuke0215/?hl=ja

 


(動画専用アカウント)

https://www.instagram.com/desafianofficial/?hl=ja

 

 

 

【Twitter】

https://mobile.twitter.com/lesworldon

 


【Facebook】

https://m.facebook.com/space0MJkT?ref=bookmarks

 

 

 

【Official site】

http://desafian.com/